ブランド別にご紹介

グッチ(Gucci)の修理案内

 
グッチ(Gucci)のバッグの「GG柄のトートバッグの持ち手の付け根部分の革が千切れた」、「持ち手がボロボロになっている」、「バッグの革部分の色が退色している」などのお問い合わせを頂きます。
経験豊富な職人が修理・クリーニング・カラーリングについて、詳しくご説明いたします。

 

 

 

グッチ(Gucci)の特徴

1921年にグッチオ・グッチがイタリアで創業した高級ブランドで、皮革製品からアパレル、服飾品までと幅広く展開しており、
世界で初めて品質保証の証として、グッチオのイニシャルのGを配したマークを商品にデザインとして使用しています。

GGラインとして、GGキャンパスを使用した「GGキャンパス」、GGキャンパスに塩化ビニール加工を施し耐久性に優れた「GGプラス」があり、
革にエンボス加工を施した「エマ」、などの上質なデザインを世に送り出しています。

1980年までのグッチをオールドグッチと呼ばれており、代表的な「シュリーライン」、「バンブー」、「ピグスキン」は非常に人気があります。

 

修理について

グッチのバッグ、財布等の修理方法は、①グッチ正規店での修理、②修理専門店での修理の2種類があり、オリジナルパーツで修理希望の場合、メーカー修理をお勧めします。
その際、ギャランディーカードや保証書が必要になる場合がありますので、一緒に持っていきましょう。

グッチ正規店での修理をご希望の場合、グッチ正規店へ直接持ち込むか、グッチ公式サイトに修理受付が記載されているページからメールで問い合わせやお電話してみましょう。

 
◉グッチ公式サイト、ストア検索ページ
https://www.gucci.com/jp/ja/store?store-search=&search-cat=store-locator

 
修理専門店では、オリジナルパーツの再利用や類似パーツでの修理、交換となります。
メーカー修理より料金が比較的安く、納期が短いことが場合がありますので、お見積もりでお問い合わせしましょう。

 

グッチ正規店での修理の特徴

  • オリジナルパーツで修理できる。
  • 修理料金が高額になる場合がある。
  • 見積もりや修理納期が長く掛かる場合がある。
  • 正規店によって修理の際、ギャランティーカードや保証書が必要になる。

 

バッグ修理専門店の特徴

  • オリジナルパーツの再利用、もしくは類似パーツで修理できる。
  • 正規店での修理よりも修理料金が比較的に安価。
  • 正規店での修理よりも見積もりや修理納期が短い場合がある。
  • ギャランティーカードや保証書が無くても修理可能。

 

グッチのバッグ修理

当店に依頼が多い修理をご紹介いたします。
根革交換(ループ交換)、ファスナー交換、内袋交換は、修理やお問い合わせを多く頂きます。

 

バッグのほつれ縫い

擦れる部分や力が掛かる部分は、糸がほつれたり、切れたりします。
その場合、ほつれた箇所を同じような糸色で、再度、縫うことが出来ます。

 

バッグの根革交換

バッグの両側面等にあるショルダーベルトを取り付ける部分を「根革」と呼びます。
根革は、荷物の負荷が掛かる部分なので、革が破れて切れそうになったり、ちぎれてしまいします。
その場合、似たような革で同じような形で作成し交換しますが、片方が切れた際は、もう片方も傷んでいることが多いので、両方交換することをお勧めします。

 

 

 

バッグのパイピング補修

バッグの縁や角部分に革で、擦り切れて中のプラスチック部分が見えてしますことがあります。
全体を修理することも可能ですが、革が破れた部分のみを似たような革を当てて補強することが出来ます。

 

バッグの金具交換

根革や持ち手に付いている金具をDカン、カクカン、カシメと呼びます。壊れて折れてしまった場合、グッチオリジナルに近い金具に交換します。

 

バッグの持ち手交換

当店でも多く依頼がある修理になります。バッグの負荷が掛かる部分なので、長年の使用で持ち手に亀裂が入ったり傷みちぎれたり革がボロボロになります。
修理方法は、下記の2種類にあり、長くご利用する場合、お勧めの修理は②持ち手交換になります。

①亀裂が入ったり千切れそうな部分に当て革で補強する。
②持ち手を交換する。

②の修理ですが、似たような革で元と同じような形に持ち手を作り直し、本体に取り付けますので、雰囲気を変える事なく修理する事ができます。

 

 

 

バッグのファスナー交換・スライダー交換

ファスナーを閉めても開いてします、金具の破損、ファスナー生地が破れ等は、本体から取り外して新しいファスナーを取り付けます。
ファスナー交換後、元から付いているグッチの引き手が再利用できる場合、再利用します。

ファスナーを開け閉めする際に動かす金具(スライダー)の破損、閉めても開いてします場合、スライダーを交換します。

 

バッグの内袋交換

バッグの内側が合皮で作られている場合、経年劣化しベトベトになり、ボロボロと剥がれしまうことがあります。
交換する場合、劣化しないように光沢があり上品なシャンタン生地や革で新しく作り直します。
元の内袋と同じように作成し取り付けますので、使い勝手は変わりません。
内袋にポケットやファスナー有る場合も同じような作ることや使用しなく不要でしたら無くすことも出来ます。その際、内袋に取り付けてありますブランドタグは再利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

バッグのクリーニング・カラーリング

クリーニング

長年の使用による黒ずみ・色落ち・汚れは、水洗いではなく革専用洗剤を使い、泡で汚れを浮かすクリーニング法「Lather Cleaning(泡クリーニング)」を行っています。
泡クリーニングは、泡で汚れを浮かせて洗う為、デリケートな革でもキズをつけることなく汚れを除去することが可能です。
同時に、洗剤の中に含まれている保湿剤を洗いながら革に染み込ませていくことが出来る為、乾燥による革のヒビ割れなども防ぐことができ、革本来の良い状態を保つことが可能になります。

 

カラーリング

長年の使用による黒ずみや四隅やスレによる部分的な色落ち、変色をクリーニング後にカラーリング(補色)します。
状態の良い部分に合わせて調色し、色入れ方法も革の風合いや素材に応じて、刷毛入れやガン吹きします。
また、光沢感を調整し、元のキレイな状態に近づけます。
気になる部分のみのカラーリングや全体のカラーリングを承っております。

 

 

 

 

グッチの財布修理

二つ折り財布、長財布や小銭入れ、カードケース、キーケース、革小物も修理いたします。

 

財布のほつれ縫い

角部分や動く部分は糸がほつれやすく、そのままにしているとほつれが広がることがあります。
ほつれが少ない内に、早めに再縫製をお勧めします。
ほつれた部分の革が破れている場合もありますので、その際、革部分の補修もご一緒にご提案いたします。

 

財布のホック金具交換

ホックの摩耗による不具合や破損は、グッチの金具のサイズや色が近い金具に交換します。

 

 

 

財布のファスナー交換・スライダー交換

ラウンドファスナーが閉めても閉まらない、生地の破れ、ファスナーの金具部分の破損は、ファスナーを交換します。

ファスナーを開け閉めする際に動かす金具(スライダー)の破損、閉めても開いてします場合、スライダーを交換します。
引き手部分は、再利用できる場合、再利用します。再利用できない場合、グッチのオリジナルに近い金具に交換、革製の引き手の劣化は同じように作成交換することが出来ます。

 

財布の内張り交換

カード入れ、小銭入れの内側やマチ部分の破れや劣化によるベタつきやボロボロは、交換修理します。

 

財布のクリーニング・カラーリング

長年の使用による黒ずみ・色落ち・汚れは、水洗いではなく革専用洗剤を使い、泡で汚れを浮かすクリーニング法「Lather Cleaning(泡クリーニング)」を行っています。
泡で汚れを浮かせて洗う為、デリケートな革でもキズをつけることなく汚れを除去し、同時に洗剤の中に含まれている保湿剤を洗いながら革に染み込ませていくことが出来る為、乾燥による革のヒビ割れなども防ぎます。

 

グッチのキーケース修理、革小物修理

フック金具交換

鍵を引っ掛ける金具を含め、グッチのオリジナルに近い金具で全て交換となります。

 

参考料金 & 納期一覧

  • ほつれ縫い ¥1,100〜、約1週間
  • 根革交換(ループ交換) ¥3,300〜、約3週間
  • パイピング補修 お見積もり、約4週間
  • 金具交換 お見積もり、約1〜2週間
  • 持ち手交換 ¥6,600〜、約4週間
  • ファスナー交換 ¥6,600〜、約4週間
  • スライダー交換 ¥2,750〜、約1〜2週間
  • 内袋交換 ¥13,200〜、約4週間
  • クリーニング・カラーリング ¥8,800〜、約1ヶ月

 

グッチの修理事例ページへリンク

無料 バッグ・財布の修理見積りはこちらから
往復送料無料(修理代金 ¥10,000以上)